「損害保険」と一言で言っても、様々な種類があります。

○交通事故や盗難に備える自動車保険
 事故の相手は選べません。いつ、どんな時に、どのような事故を起こしてしまうかもわかりません。
 今!自動車保険は、どんどん進化しています!
  保険会社と24時間365日つながる「ドライブレコーダー特約」おすすめしています!
 万が一の時にはスグに保険会社とつながる安心!1分1秒でも早く緊急車両の手配がボタン一つで可能!

○建物の火災や災害に備える火災保険。
 大切な建物や家財、お仕事用の什器や商品、火災や風災、水災などの災害にも安心な補償を付帯しませんか。

○突然やってくる地震に備える地震保険
 火災保険では、地震・噴火・津波を直接または関節の原因とする火災・損壊・埋没・流出による損害は補償されません。
 注意点は、原則居住用の建物と家財が補償対象となります。

○偶然起きてしまったケガに備える傷害保険
 急激かつ偶然な外来の事故によるケガ。従業員の方が被った業務上災害。様々なオプションで必要補償を選択できます。

○仕事中に他人をケガさせたり物を壊した賠償責任に備える賠償責任保険
 「施設の管理」や「仕事の遂行」に伴う対人・対物事故に。仕事中以外の時は個人賠償責任保険。安心な補償を付帯しませんか。

○悪意を持ったサイバー攻撃に備えるサイバー保険
 サイバー攻撃関連通信の件数は年々増加。安心な補償を付帯しませんか。

など、様々な保険がありますのでお気軽にお問い合わせください。

損害保険における代理店の役割と業務内容

代理店の役割と業務内容
 当事務所では、「損害保険代理店委託契約書」を各損害保険会社と取り交わした上で、保険会社に代わって損害保険の契約募集を行い、損害保険の幅広い普及を通じてお客さまの家庭や会社等をさまざまな危険や災害からお守りし、経済生活の安定を図るという重要な社会的役割を担っています。

 以下は主だった業務委託の内容です。
○保険契約の締結
○保険契約の変更・解除等の申出の受付
○保険料の領収および返還
○保険料領収証の発行および交付
○保険契約者、被保険者または保険の目的等の調査
○保険契約の維持・管理に関連する事項
○その他保険募集に必要な事項で、保険会社が特に指示した業務

 このほかにもお客さま一人ひとりのニーズに対応し、財産の保全、事故の防止、防災や保険全般に関するご相談、万一事故が生じた時の解決のお手伝いなど、幅広くきめ細やかなコンサルティング活動を行っています。

※ただし、保険金支払いの有無等を判断する権限は保険会社にあり、代理店は判断することができません。
 また、当事者でもない代理店が示談交渉を行うと「弁護士法違反」となります。

Copyright(c) 2021 KAZUSA insurance office Limited Liability Company All Rights Reserved. http://www.kazusahoken.com